保育士の婚活

保育士はモテるし結婚もできる!出会いがない方への婚活アドバイス

保育士は出会いがない仕事だと言われています。職場のほとんどが女性ですので出会いがないのも当たり前だと思います。

仮に異性が職場にいたとしても恋愛対象とならないことが多く、出会いの場は外に求めてしまうようです。保育士の出会いの場には以下のようなものがあります。

  1. 知人や先輩の紹介
  2. 街コン・合コン・相席屋
  3. マッチングアプリ
  4. お見合いパーティー

知人や先輩の紹介で出会ったり、同窓会などで昔の友人と会ってお付き合いが始まるなんてケースが多いようです。

また、最近ではマッチングアプリなどを利用したする方も増えてきており、出会いがない女性にとっては良い出会いの場となっているようです。

今回は保育士の女性4人から聞いた婚活事情を紹介させていただきます。リアルな話も教えていただきましたので婚活をしている方の参考になればと思います。

保育士の婚活の事情とアドバイス

20代前半の女性の婚活事情

私は保育園に勤めていましたが、子どもたちの親御さんと上手く接することができず1年ほどで辞めてしまいました。

子ども大好きなのもあり仕事内容についてはとても楽しく勤めることができてました。他の先生とも仲良くできていました。

問題は、どうしても所謂モンスターペアレントと言われる方と上手に対応することができなく辞めてしまいました。

婚活で保育士は男性受けが良い

私は婚活のために街コンなどに参加していました。街コンで知り合った男性に職業保育士と伝えると、人にもよりましたが、受けが良い男性のほうが多かったように思います。

婚活事情としては自分以外で保育士さんが婚活をしている方を見かけたりしなかったので、レアなのかな?とも思ったりしました。

なので保育士さんが婚活をするのはかなり需要があると思います。特に、子ども好きなんだね俺も好き!と会話が弾むパターンが多かったです。

保育士と言うと優しいイメージを抱いてくれる方も多いように思いました。仕事柄ピアノが弾けることも必須になるので、女性らしい特技があって良いねと褒めてもらったこともあり、気分良く婚活することができました。

ただ、保育士をバカにしたような発言をする方も少数ながらいました。資格取ってどうして安い給料で働いているんですか的なことも言われました。

給料で選んでこの仕事を始めたわけではないので、そう言われて悔しかったです。そういう嫌な思いをすることもあります。幼稚園の先生だと伝えても同じ反応をする方はいらっしゃると思います。

安月給で子どもの相手をして大変ですね、なんて言ってくる人は、自分の仕事に理解がないなと早々とわかりもするので、早い段階で相手に興味がなくなるので、これはこれでいいのかなとも思いました。

婚活の場では子ども好きをアピールすると良い

アドバイスとしては、子ども好きをアピールすると相手の男性も自分との子どもができたときの想像をしやすくなるだろうから良いなと思っています。

また、保育士を辞めた場合は辞めた理由は正直に言わない方がいいです。正直に伝えてしまったがために、離れてしまった男性もいました。コミュニケーションが取れない人だと思われてしまったようです。

あと、勤めてた年月も素直に伝えない方がいいです。長年勤めてる人ならいいのかもしれませんが、自分のように短い年月で辞めてしまった方は必ずと言っていいほどそこをつかれてしまうので、ほぼ初対面の方にはそこまで打ち明けなくても良いかと思います。

モンスターペアレントが苦手で保育士辞めました!なんて正直に決して言わない方がいいなと心に誓ったぐらいです。

子どもが好きなことは何回でもアピールしても良いと思います。その話をするたびに好感触を感じる方もいました。

具体的な仕事内容に興味を持ってくれる方もいるので、聞かれたら答えても良いと思います。自分の勤めたことのない職業内容に興味津々な方はたくさんいらっしゃると思います

30代女性の婚活事情

認定こども園で勤務している30代の女性です。今の園に勤めて10年目になります。最初は保育園だけでしたが途中からこども園となりました。

この園ではオープニングスタッフとしてから勤めているので勤務年数は一番長いです。子どもの人数はそれほど多くはなく、新人の先生が多く全体的に若い職員が多いです。

保育士は自分から出会いの場に出ることが重要

保育士は何と言っても出会いがない職場です。職場の中で男性に会ったとしても保育士の男性スタッフか年配の園長先生くらいです。

人にもよるでしょうが同業者にはあまり恋愛感情を持つことはないです。勤めてきた中で数名の男性スタッフと仕事で関わってきましたが、何の感情も生まれませんでした。

もちろん保護者の父親はシングルファーザーであろうと生徒の父親として見てしまうので男性としては全く見れませんでした。

私は長い間彼氏も出来ず独身でしたが、周りの職員の結婚ラッシュが続いた時は正直焦りました。

結婚した職員たちはいったいどこで男性と出会っているのだろうと話を聞いてみたところ、昔からずっと付き合っている人や地元の同級生等が多かったです。

他にはずっと彼氏が出来ずに悩んでいた先輩がスピード婚に至った経緯を聞くと合コンで出会った人と結婚することになったと教えてもらいました。

だから出会いの場に行ったがいいよとアドバイスしてくれました。それぞれ違った婚活事情がありますが、私には昔から長く付き合ってる彼氏もいませんし、これから付き合いそうな地元の同級生もいません。

そう考えると、先輩の様に自らが動いて出会いの場に行かなくては一生結婚できないのではないかと考えるようになりました。

職場での出会いはまず無いので薄々そうかなとは思っていましたが中々重い腰が上がらず行動に移せないでいました。

しかし周りは結婚する人が多く、年齢的にもいい年で親からも心配されており婚活を頑張ってみようと思い行動しました。

最初に始めたのは合コンに積極的に参加することです。行ったことは無く、何となく苦手意識がありましたが日頃男性と話す機会が無いので良い経験と思い参加していました。

次に街コンや相席屋にも行きました。街コンは一度に多くの人と話せるのでお酒を飲むのが好きな人や大人数でも平気な人には向いている場だと感じました。

しかし、自分から声をかけなくてはただ飲みに来ただけの様な感じになる事もあるので自分から声を掛ける勇気も必要でした。

相席屋はそのような勇気を出さなくても店員さんに誘導された席に行けば男性が居ますし、待っていれば席に男性を連れて来てもらえるのでその点は気が楽でした。私の様に自分から声を掛けるのは苦手な人は相席屋のほうが向いている感じはします。

また、飲食も無しで本気で結婚したい男女が集まるパーティーにも参加しました。プロフィールに本名や仕事、趣味を記入して順番に回ってくる男性と話をします。

やはり初対面の男性と話すのは苦手で緊張しますが、相席屋とかよりも本気で結婚相手を探しに来ている男性が揃っている印象でした。

保育士という職業は婚活市場では武器になる

保育士というのは結構強みだと出会いの場で感じました。保育士というだけで多少男性からの評価が上がる気がしますのでぜひアピールして欲しいです。

結構な数、出会いの場に足を運びましたが、すぐに良い人と出会える人もいればそうでない人ももちろんいます。

しかし諦めないで苦手でも自分から勇気を出して声を掛けたり、気になる人がいれば連絡先を聞いたり積極性が大事だと自分自信学びました。

20代後半の女性の婚活事情

保育園で7年、企業内託児施設で4年働いていた保育士です。保育園は新卒で入って、4年後に他の保育園での保育が気になり退職。

他の保育園に移動して3年働きました。保育園が変わると全てのやり方が変わり、4年働いた後の転職でしたが、新卒のような気分でした。

その後、働いているお母さんたちの手助けがしたいと思い、企業内の職員専用の託児施設に働き、ゆったり保育していました。

保育士は紹介か合コンくらいしか出会いがない

保育園で働いている保育士さんの婚活事情は、なかなか時間と出会いがないということがあると思います。

平日は早番から遅番と時間が固定していないし、台帳や製作物の持ち帰り仕事が多く、夜に出歩くというのがなかなか難しいと思います。

行事が近くなると日曜日も仕事をしないと間に合わないというのがほとんどだと思います。さらに出会いも全くありません。

男の人と話す機会はというと、お迎えに来たパパや本のセールスに来た営業マンの人くらいでした。

パパは既婚者だしプライベートな話をするわけにはいかないし、営業マンの人ともじっくり話す機会なんてありません。なので、大抵は同僚か先輩の先生の知り合いで合コンというのが多いと思います。

でも、同僚だと付き合ったりしたら相手から色々聞いちゃって、日々の仕事に支障が出そうだし、先輩の先生との合コンだと、先輩に気を遣ってグイグイいけないし…と悩みはつきませんでした。

私が今の旦那さんと知り合ったのは、企業内託児施設に勤めてからでした。企業内託児施設は病院だったので、看護師さんや検査技師さんなど、普段あまり保育園では関わらない人ばかりでした。

さらに、病院なので、たくさんの業者の人が出入りします。医者を待つメーカーさんなど毎日のように来ていたので、挨拶を交わすようになったり、看護師さんなどとも顔見知りになることができました。

保育園に勤めている頃に比べるとかなり人と出会う機会が増えました。託児施設を作るくらい大きい病院だったので、誰かと仲良くしても全く噂になったり、気を遣うことも減りました。

保育園はすごく狭いコミュニティなので、それが大きくなったことは婚活にはすごく大きいことだったんだと思います。

結婚のために転職して出会いの機会を増やすのもアリ

婚活のアドバイスとして適当かわかりませんが、真剣に結婚したいと思ったら、保育園という小さいコミュニティから出ることがいいと思います。

保育園内で出会いを求めるのはかなりの確率でムリだし、保育園の関係者となると色々面倒なことになりそうだし、時間もなかなか取れないと思います。

もっと大きいコミュニティーだと、色んな人や職種の人と出会うことが出来るし、保育園以外でも、保育士として働けるところはいっぱいあります。

企業内託児施設で知り合って結婚したり、お付き合いしたケースは結構聞きます。私は結婚相談所や街コンに行くよりも、そういう所で働きながら、コミュニティを広げていった方が効率的に婚活出来ると思いました。

しかも、働いている場面を見て気に入ってくれるというケースもあるようなので、オススメです。

企業内託児施設は保育園に比べて仕事が楽な部分があり、あまり辞める人がいなくてなかなか募集がかからなかったり、保育園に比べるとお給料の面が少ないというデメリットがあります。

しかし、保育園でずっと働いて一生独身でいるよりも、若い時に少し我慢して幸せな結婚への第一歩と考えて節約したりする方がいいかなと私は思います。

20代後半の女性の婚活事情

専門学校卒業後、新しく認可になった保育園で保育士として働いていました。働き始めて6年勤め、その間に合コンや婚活イベントに参加しました。

1人担任を任されていたので仕事も忙しく、持ち帰りの仕事も多かったですが、オンとオフを切り替えて、飲みに行ったり、カラオケ行ったりとストレス発散しながら、彼氏を見つけて、楽しく仕事をしました。

保育士の婚活の事情とアドバイスについて

単純に保育士はモテる仕事だと思います。でも、自分から行動しかないとなかなか結婚まではたどり着かないと思います。

私は21~27歳まで保育園で勤務していました。その中で合コンに誘われることも多く、その相手は消防士や自衛隊、普通の会社員など様々な職業の人たちと出会いました。

婚活をしている保育士は私だけではなく先輩保育士もいて、一緒に何度も合コンに行きました。

出会った相手は独身の人もいましたが既婚者もいました。既婚者にはテンションがだだ下がり、独身でも話が面白くないとテンションは下がる。

そんな保育士の合コンも何度も行くたびに楽しめるようになってきました。合コンは、楽しんだもの勝ちだと思います。

ただ、合コンは婚活には入らない人も多いようで、年齢が上がり結婚を意識し始めると、婚活パーティーなどに参加するようになりました。

婚活パーティーでは本当に結婚を求める人が多いので、真剣に相手を見ることができました。職業の欄を見て話を広げてくれる人もおり、保育士と言う仕事はモテる職業だなと思いました。

結局私は合コンや婚活パーティーでは出会いませんでしたが、飲みに行く機会が多かったので、飲み屋の人と結婚することができました。

でも、合コンで彼氏を見つけた人もいたので、自分で行動することが大事だなと思います。

楽しみながら婚活することが大切

保育士6年続けた私からのアドバイスとしては、自分から行動すること、なんでも楽しんだもの勝ちだと思います。

いやいやながら参加するよりも、楽しみながら合コンや婚活パーティーに参加することが大事だと思います。

他の先輩保育士の婚活事情から言うと、先に保育士と言わずに後から実は保育士だったって言うのを聞くと盛り上がるそうです。

盛り上げ方も男の人だけに頼るだけでなく、女の子からも盛り上げるテクニックが必要だなと思います。

女の子も受け身でなく積極的に楽しみ盛り上げていくのも大事だと思います。そこから、他の合コンや他の男性と出会う機会にもつながると思います。

ただ、保育士だからと言うわけではありませんが、甘えたい男性が近寄ってくることが多いので注意して下さい。