非常勤の保育士の本音

保育士の非常勤は時給が安い!職場環境が悪いようなら転職もあり!

保育士の仕事は給料が安いと言われています。仕事量の割に給料が安く、ブラックな仕事だと言われたりもします。

保育士の方の子どもが好きだからという気持ちのおかげで成り立っている業界だと言っても過言ではないでしょう。

保育の現場では正規職員だけでなく非常勤の方も勤務しています。非常勤の方は正規職員よりも待遇面で辛い思いをしているようです。

  1. 給料が低い
  2. 嫌な仕事を押し付けられる
  3. 正規職員から下に見られる

もちろん正規職員よりも給料は低いですし、嫌な仕事を押し付けられたりするケースも多いようです。

今回は非常勤としてフルタイムで保育園で勤務されている20代の女性にアンケートに協力して頂きました。非常勤として働く辛さについてお答えいただきましたので参考になればと思います。

非常勤の保育士をしていて感じる不満を紹介

はじめまして。20代女性です。保育士として働いています。以前は正規職員として働いていました。

しかし、有給取得や給料待遇に不満を感じた為、ここ3年ほどパートタイムで働いております。

経験年数自体は割とある方なので勤め先ではクラスに入り補助をしたり、自らが1日の中で一時的にクラスを受け持つなどもしております。

残業代はつかない

時間帯が決まっているので、それ以外の時間に残業などをしても残業代がつかないので、基本的には残業せず、朝もギリギリに出勤しています。

正規の職員からすると非常勤だといいよね!と時間が融通きいて良いよねなど、嫌味を言われる事もあり、そこは不満を感じています。

非常勤だと時給も低く給料は安い

非常勤の給料は安いのでやはり生活していく中では少しキツイです。もう少し、非常勤でも給料があがれば良いと思うのですが、中々あがりません。

ボーナスは非常勤でも付けてくれるところはとてもありがたいのですが、やはり金額の面は不満を感じます。

正規職員の時もそうでしたが保育士は福祉関係になってしまうのでそこが一番のネックだなと感じています。

非常勤の先生に嫌な仕事を押し付ける先生がいる

職場の人間関係はそこまで悪くはありませんが、やはり、非常勤の先生に対しては、掃除など、自分達のしたくないことを押し付けてくる方も中にはいます。

そこは園の雰囲気が悪いなーと感じます。もう少し、全体で仕事に取り組もうとする姿勢があれば不満もなくなるのになと感じています。

有給休暇が勝手に消費される

有給休暇は取得しづらく土曜日の休みの際は有給から勝手に消費されており、全く有給休暇の意味をわかっておらず、こちらがそれを指摘してもそんなことはないはずだと逃げの姿勢ばかりをしています。

そのくせ、行事があると休みの人でも借り出されていたり、朝早くから出勤してほしいと言われるなど、きちんと規則にのっとっていないところも不満です。入社の際にも規則を見せてもらうことがないので、知らない人も多いと思います。

非常勤の保育士は正規職員に偉そうにされる宿命

私はフルタイムの非常勤として働いていて毎日同じ時間に入るので、基本的には正規の先生と仕事は同じですが、先生達ができない掃除を毎日させられることが多いです。

このように非常勤として働いていると正規の先生に無下に扱われることがあり辛いことが多くあります。

特に、コロナの緊急事態宣言の際には給料も出ず休みにされたりなどがあり、そこがとても不満です。給料に関しては申請していますが正直きちんと取り合ってもらえるかどうか不安です。

帳面もやらされるようになった

私が今勤めている保育園を選んだ理由の一つにお帳面は非常勤は書かなくてよいと言われたからです。そのため、最初の頃はお帳面も免除されていました。

しかし、忙しいという理由から書いてくれないと困ると怒鳴れたこともあり、それはとても辛かったです。書類なども免除ということだったのでこの園を選んだのになーと不満に思いました。

正規職員の方が偉いと思っている

非常勤として働いていると正規職員のほうが偉いと思っているのかいちいち偉そうにしてくる若い人などもいます。

そこは人としてどうなの?と思いながらも正規職員ではないので、反抗できるわけもなく、わかりました。と言って指示に従うしかないところが辛いところです。

子どもへの対応などもこちらが良いと思ってしていても保育方針に合わないから指導しないでと言われたり、自分が良いと思っていることが自由に行えない不自由さがあります。

また、保護者が私の事を信頼して頼ってくれている事が担任からすると気に入らないのか、そこからその子とその保護者に対しての当たりがきつくなったりもします。

私が正規職員ではないので判断できない事などを相談すると、頼られているのはあなただから、あなたが全部解決してあげたらいいんじゃない?そんな事いちいい聞いてこないでと言われたこともありました。

保育士の転職サイトを利用し転職活動を開始

今の職場は自分の意見が全く通らないですし、有給休暇の取得方法に問題があり、自由に取れず勝手に消化されていると思ったので転職を考えました。

それまでは転職などは考えず、ずっとこのまま同じ職場でと思っていましたが、やはり給料や待遇、福利厚生などはとても大切なので、入社の際に詳しく聞いておけばよかったけど、知識がなかったのでとても困りました。

そのため、次に転職をする時には今までの経験なども含めて、給料、休み、福利厚生はかなり重視して検索をかけました。

転職活動の際には保育士専用の転職サイトを利用

私は今回の転職活動の際には保育士の転職サイトに登録をしてアドバイザーの方と密に連絡をとって、自分のやりたい保育のできる場所かどうかなど、細かいところまで話し合って決めていきました。

他にも園に直接連絡をして見学させてもらえるところは沢山見学にいき、施設の耐震性をみたり、子どもたちの様子、保育士の子どもに対する関わり方などもしっかり観察しました。

他にもボランティアなどを募集しているところもあったので、積極的に参加してそこに就職をしないにしても他の保育園、幼稚園だとこんな取り組みをしているのだなというところを勉強して、新しい就職先でも同じような取り組みがあるのかどうか、も見て決めていきました。

口コミサイトも確認

他にも口コミがあるところは保護者がどんなふうにその園を見ているのかなど確認し、気をつけるべきところなどもしっかりと自分で把握して次の就職活動へとすすめていきました。

保育士サイトは沢山登録せず、2つくらいにしておくと良いとこが被らずでてくる印象でした。

保育士になるなら一つ特技を身につけておくと良い

毎日新しい変化があるので、子ども達と関わること自体は楽しいので、園の雰囲気や口コミなどをよく見て、この保育園、幼稚園なら先生達の雰囲気も良いなと思えるところで働いて欲しいと思います。

長いものには巻かれろではありませんが、あまり正しい意見を言いすぎると目をつけられたりするので、様子を見てから自分の意見を発言していくほうが良いと思います。

自分の強みがあると受け入れてもらえるし、保育にも生かしていけるので一つ特技は身につけておくと良いと思います。

とくに、折り紙やおもちゃをつくる技術は本当に役に立つので、簡単なもの、かえる、飛行機だけでも良いので、かっこいいとか、早いとかそういう、うたい文句付きのものが何も見ずに作れる方が良いと思います。

非常勤だとピアノを弾くことは少ないですが、童謡くらいは弾けると一人で子どもを見ないといけないときにも楽しく保育を行うことができると思うし、自分もやりやすいと思います。