保育士の仕事

保育園の正社員の年収ってどのくらい?年齢別に詳しく聞いてみた!

子どもが好きで保育士として働きたい!そんな思いを持って保育園への就職を希望している方も多いと思います。

ただ、やっぱり給料も大切ですよね?

給料が安いと我慢できないことも、ある程度給料が高ければ我慢できるなんてこともあります。

今回は実際に認可保育園に勤務している方々に年収についてのアンケートを行い協力して頂きました。アンケートの内容は以下の通りです。

  1. 保育園で行っている業務内容は何か?
  2. 年収はいくらか?

認可保育園で働きたいと考えている方の参考になればと思います。特に就活中の学生さんは気になるところだと思いますので確認してみて下さい。

認可保育園で働く正社員の年収と仕事内容を年齢別に紹介

35歳副主任の女性の仕事内容と年収

私の年齢は35歳で保育士歴は13年です。現在働いている保育園は群馬県の高崎市にあります。現在働いている勤務先での勤務歴はおよそ5年になります。

新卒で就職した別の保育園では雇用形態が契約社員という形式で7年働きましたが、正社員になりたいという思いが強く現在の保育園へ転職しました。

主な仕事内容は子どもの保育です。クラスの担任をしているので、クラスの子どもたちの成長を促しながら日々生活しています。

そのために年間、月間、週の指導計画を作成し、それに沿いながら保育を進めています。ですが子どもの成長は個人差があり、その都度その時にあった対応をするので、臨機応変にできなくてはなりません。

大変な時期もありますが子どもの成長を間近で感じられたときには達成感とやりがいを感じています。

役職は副主任をしています。勤務している正社員の先生たちのシフトを考えたり、行事などのまとめを行っています。

担任をもちながらの主任業務のお手伝いはハードではありますが、他の保育士との連携を大切にしています。年収は400万円程度です。

32歳公立保育園で働いていた女性の仕事内容と年収

現在の年齢は32歳です。以前、富山市の公立保育園で正社員として勤務していました。正社員での勤務歴は産前休暇と育児休暇を含めると9年になります。

公立ということもあり異動で数か所の保育所での保育を経験しています。勤務先によっては定員が150人以上の場所から70人の市内では小さめの保育所まで経験しました。

私は役職などはなく、副主任や主任などへの昇格がある前に退職しました。仕事内容は9年の間で0・1歳児クラス4年、2歳児クラス4年、3~5歳児の異年齢混合クラス1年を経験しました。

未満児クラスは複数担任なのでリーダーの保育士をサポートする形で勤務をしていましたが、異年齢クラスでは一人で25人くらいの子どもたちを担任しました。

この時、個別懇談会や運動会・発表会の企画を初めてひとりで行うことになり、当時はかなり大変だと思っていましたが、今から考えるといい経験が出来たと思っています。

逆に相性が合わない保育士と複数担任になるのも大変なので、いい思い出になっています。年収は退職する前の30歳の時点で500万円くらいだったと記憶しています。

24歳女性の保育士の仕事内容と年収

私は埼玉県川口市にある企業が運営を行なっている保育園で働いています。定員が70名で0から5歳児までを受け入れる認可保育園です。

勤務歴は、今年で4年目になります。また、学生の頃に無認可保育園にて1年間のアルバイトを経験しました。

年齢は24歳です。保育士資格を取得するために県内にある短期大学の保育課に通っていました。

私は役職はなく担任を3年間、フリーを1年間経験しました。担任としての仕事内容は日々の保育を行う上での年間カリキュラム、月案、週案、日案の作成や、それに基づいた保育の実施が主な仕事です。

担任として1日の流れを考え、主活動に散歩や製作活動、知育などを取り入れ、子どもたちの発達を促すような環境構成を行い、子どもたちの姿を見守ります。

それに伴い行事の立案、衣装や製作物の用意などをパート保育士と手分けして行っていました。

年収はボーナスが夏と冬で1.1ヶ月分が2回賞与として支給され、額面で350万円ほどでした。

残業代がしっかりと出る会社だった為、一ヶ月に2万円ほどは残業代で平均18.5万円ほどを手取りで受け取っています。

50歳主査の女性の仕事内容と年収

私は愛知県の碧南市で4年保育士として勤めていました。結婚と同時に退職して子育て期間10年は専業主婦をしていました。

下の子供が小学校入学と同時にパートで保育士として復帰して、その後5年間はフルタイムの臨時職員をしていました。

その後、正社員になり2年働きました。年はとっていますが10年間のブランクがあり保育経験は11年と少ないです。

私の仕事内容はフリーの保育士でクラス担任は持っていません。よく全体補助とも言われています。

一見何もしなくてもよい感じがしますが、園長主任の下で常に園全体をくまなく見てその時々必要な事、大変な所に手伝いや援助をすることを求められます。

時には担任が休んだ時の替わりであったり、製作物や教材の準備、園庭の掃除、倉庫の片付け、夏のプールの見守り散歩の付き添いお昼寝の手伝い、給食の補助や片付け、配布物の印刷、運動会の用具係、発表会の小道具係、物品購入の手配とかなり多岐に渡ります。

役職は主査です。10年程度勤務すると主査になり給料も少しあがります。年収は480万ぐらいですが残業代込なので実際は400万ぐらいかもしれません。

28歳女性の仕事内容と年収

私は千葉県に住んでいる28歳で、船橋市にある保育園で3年間勤務していました。保育士は結婚と同時に退職し、現在は専業主婦をしています。

私は千葉県の幼児教育の専門学校を卒業し、幼稚園教諭二種免許および保育士免許を取得しました。その後、小学生の頃からの夢であった保育園にて保育士として勤務いたしました。

私が勤務していた保育園は、生後3か月から3歳までのお子様をお預かりする園でした。仕事内容としては、朝お子様を保護者の方からお預かりします。

おやつを食べたのちに、午前の活動をします。天気が良い日は、お散歩に行くことが多く夏場はプールなども行いました。

園庭がなかったため、近隣の公園にて活動することが多くありました。雨の日でも、子どもたちは体を動かすことが大好きなので体操などを取り入れるなどしました。

活動内容は、その日ごとに中心になる保育士が決めて行いました。1年目は、先輩の保育士の活動を見させて頂きながら行いました。

お昼になると園で作られた給食を、それぞれの子どもの様子を見ながら食べる手伝いをしました。年齢ごとに必要なことも変わってくるので、そこに注意しながら行いました。

昼食後はトイレに行きお昼寝です。お昼寝の時間に子供の様子を確認しながら、連絡帳の記入を行いました。

1人1人のその日の様子を保護者の方にお伝えすること及び、保護者の方かが記入してくださった内容にも目を通しました。

お昼寝が終わったら、おやつを食べ午後の活動です。早いお子様は16時頃にお迎えに来られます。

午後は午前よりは落ち着いた活動内容で過ごしました。お迎えに来られたお子様を保護者の方に、様子をお伝えしながらお渡しし1日の勤務は終了です。

行事の前などは準備をする仕事もありました。役職は、3年間の勤務だったので特にありませんでした。年収は330万くらいでした。

小学生の頃から保育士になりたかったので、大変なこともありましたがとても充実した3年間でした。

37歳女性の仕事内容と年収

私は勤務歴17年目の年齢は37歳です。専門学校を卒業し新卒で就職しました。勤務先は茨城県の取手市という所にある幼稚園でした。正規で就職して8年間勤めました。

その後は、保育園に興味が湧いてきたので一度幼稚園を退職し、同じ茨城県内の常総市という所にある保育園に就職して正社員として7年間勤めました。

途中で一度幼稚園から保育園に移った事もあり、勤務歴は長いものの役職などは特につかず、担任保育士として働いていました。

0歳から、5歳児までの保育園だったため、以上児(3,4,5歳)のリーダー、としての役割があった程度です。

仕事内容としては担任保育士と変わらず、日々の保育やカリキュラム等の作成、その他、地域の保育園で協力をして、2年に一度、保育研究を行うイベントがあり、その担当を担っていました。

日々の仕事内容としては保育の他に連絡ノート記入や、空いた時間に保育施設内の清掃消毒、クラス、全体ミーティング(毎日子どもの健康状態などを報告し合います。)などがありました。

年収は300万円弱くらいです。残業も多いので、残業の時間によって少し変動がありました。